コンパクトデジタルカメラの立ち位置

コンパクトデジタルカメラは略してデジカメ、コンデジなどと言われていますが、iPhoneなどのスマートフォンのカメラ機能が向上したことで、すっかり人気が衰えてしまっていると思われています。
 

今や、スマホでも被写体以外の部分をぼかして撮影できるポートレートモードがあったり、マクロ撮影ができたりで、十分過ぎる機能が備わっています。
 

ですが、インスタグラムやFacebookなどのSNSが流行りだしてきて「よりキレイな写真」、「より美しい写真」を求める人も多くなってきています。
 

そんな時にピッタリなのがコンパクトデジタルカメラです。デジタル一眼レフを日常で持ち歩けません(そういう仕事なら別ですが)。
 

最近のデジカメは上記のニーズが研究されていて、デジカメで撮影した写真はその場でSNSに投稿可能になっています。デジカメとスマートフォンだけで連携し、瞬時に写真がスマホに転送されます。もちろん転送するのに料金がかかることもありません。
 

デジカメなら、ぼかし撮影は当たり前にできるし、夜景や打ち上げ花火もキレイに撮影できます。今のところはスマートフォンのカメラで手ぶれやノイズを抑えるのはデジカメにはかないません。
 

また、自分撮り機能では肌の色合いを最適になるように調整できる「美肌効果機能」があったり、自分の周りだけをぼかす「背景ぼかし機能」などもあります。

 

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

フォトジェニックな写真、インスタ映えする写真を撮るのに、スマホよりも数ランク上の出来栄えになります。デジカメの利便性はニーズとともに確実に上がっているんですね。
 

もちろんデジタル一眼レフのほうが、さらにキレイな写真が撮影できるわけですが、SNSに投稿する場合に結局は縮小したりする必要もありますし、そもそも普段持ち歩くことが大変です。


デジカメならバッグやポケットに入るので、日常のスナップが撮りたいときに撮れるし、投稿したいときに投稿できる利便性はあります。実際、私の友人もデジタル一眼レフは持っているけれど、普段のスナップ用に持っているのはデジカメだったりします。
 

スマホよりはキレイな写真がいいけどデジタル一眼レフは持ち歩きたくない、そんなニーズに合ったデジカメ。少し前までスマホの登場で「中途半端」な立ち位置になっていたデジカメが、今では「ちょうどいいカメラ」という立ち位置になってきたように思います。



ページトップへ